原種・オールドローズ・イングリッシュローズ・つるバラ・現代バラに至るまで、全日本第3位、1,100品種にも及ぶ、色とりどりのバラたちが、2,000㎡の敷地に、所せましと咲き誇り、あなたさまのご来園を心からお待ちしております。
マリーアントワネットの愛した中世ヨーロッパのバラやアーチとスタンド仕立ては一見の価値あり。ここは、バラに囲まれた別世界です。

1100品種!全日本第3位 すとろべりぃあいすバラ園
Rose Festival
〜バラに囲まれた別世界がここにある〜

令和4年6/12(日)まで毎日開催中!!

【期間中入園料】 大人¥300 小人¥100

5/14(土)赤レンガ博物館5号棟にて一日だけのバラ園実施!

オーナーからご挨拶

すとろべりぃあいすバラ園 代表 亀井 毅志

薔薇と暮らす日々

薔薇と出逢い薔薇と過ごした25年間のローズガーデンでの生活。薔薇に囲まれていると、いつも何か偉大なものに包まれていると感じます。自然界や人生について多くの素晴らしい事を教えてもらいました。

朝日に誇らしげに輝くバラ。霜に凍てつくローズヒップ。雨の中でひっそりと咲いているバラ。強風で折れてしまった枝の際から力強く伸びる新梢。誰にみられるでもないフェンスの裏側でも魅惑的な香りを漂わせ妖艶な輝きを放ちます。

バラは、いつも生命力の高さと同時に最高のエレガンスに満ちています。悪条件や逆境にあっても品位を失わず、そこに楽しささえ込めながらまわりを明るくしてくれます。不平を言うでもなく、見栄を張るでもなく、見返りも期待せず、ただそこに肩ひじ張らずに自然体で咲いています。バラたちが、心地よく咲いてくれるようにお世話をしているつもりが、実は、私達が彼女たちから、元気と勇気、そして喜びと感動をいっぱいもらっているのです。そしてバラを通じて、たくさんの方とお知り合いになることができました。

咲き誇るバラの木漏れ陽の下で、小さなテーブルを囲んでのティータイム。つるバラが、風にそよぎ、陽光が躍る。咲くまでの作業のことをすべて忘れさせてくれるほど豊かにゆっくりと時間は流れていきます。何も思いわずらうことなく、ただ微笑みだけが、こぼれていく・・・そんなローズガーデンを造りつづけていきます。